不意な事態に備える|周辺機器の中でも多い外付けhddの認識問題|プロなら即解決
男の人

周辺機器の中でも多い外付けhddの認識問題|プロなら即解決

不意な事態に備える

ネット

オフラインのデメリット

個人にしても企業にしても、重要なデータのバックアップは欠かせません。もしデータを使っているパソコンに入れたままにしておくと、故障時にデータが取り出せなくなったり、業者にお願いして高額な費用を払うハメになるかもしれません。そうならないためにはCD-RやDVDディスク、外付けHDDなどにバックアップを行うのが一般的ですが、もし自宅や会社で丸ごと被害があった場合には全てが水の泡となる可能性もあります。近年、台風や地震など天災が続いています。パソコンは保険で直せても、オリジナルごと失われてしまったデータが戻ることはありません。もし何があっても残したいデータがあるなら、クラウドにバックアップするという選択があります。必要なデータをクラウド上にアップロードするだけです。

オンラインのメリット

クラウドにバックアップを取った場合、いくつかのメリットがあります。URLやパスワードがあればデータにアクセスができるので、いつもと違うパソコンで外出しても問題ありません。また、持ち運びに特化したミニノートパソコンを使用しているなら容量が圧迫されることなくデータを持ち運ぶことができます。また、外出先でバックアップを追加したい場合にいちいち外付けHDDを持ち歩くとなると紛失してしまったり、落として破損することも考えられます。そう考えるとクラウドへのバックアップは全てをクリアできる選択になります。さらにタブレットやスマホからアクセスできることも魅力の一つです。現在多くのクラウドサービスが出てきており、使い勝手や自分の環境に合わせて最適なサービスを選ぶことができます。